歌手になる夢をあきらめていませんか?今だからできる大人のボーカルライフ

Pocket

歌手になりたい!それは無理ゲー??

 

歌うことが大好きだった子供の頃の夢は「歌手になること」。 そんな方は多いと思います。

TVを観ては憧れのスターの歌をマネしたり、いつかは自分もあのステキなステージに立って歌いたい!私もそう思っていました。

それってきっと、今35歳以上の大人の方が多いですよね。

ロックバンドに憧れて楽器を始めたリ、バンドを結成したり。

「そうそう、若い頃は青春してたなぁ〜」なんて目を細めたりしていませんか?

 

受験や就職、結婚などの状況の変化や、大人になるにつれ「歌手になりたい」なんて夢を大きな声で語れなくなったのも事実。

「芸能界という世界に行けるほど才能もなかったし・・・。」それも事実かもしれません。

実際、現実を生きて行かなきゃいけないし、、、夢は心の片隅に。。。。。

 

でも、ちょっと待ってください!!

今から乃木坂に行くのは無理ですよ。笑
紅白出場の確率も、ほぼナッシングです。

 

昔でいう芸能界でメジャーデビューを目指すのではなく、
あなたが自由に歌っていける場所をつくり、そこでファンを作ること。

【歌うことで自分らしく発信していく】そんな夢を叶えるのは十分、可能なのではないでしょうか。

 

今さら?この年で?いやいや今だから、なりたい自分になる!

 

「今更なんですがやっぱり歌いたいと思って、どうせやるなら基礎からレッスンしたいので」と言ってレッスンに来られる方も多く、今年は特に、「この歳になって初ライブをすることになったんです」という方が目立ちました。

この歳になって、、、、なんて引け目を感じていらっしゃるかもしれませんが、

人生100年時代。

今50歳だとしても、あと50年もあるんです!

50歳なんて、まだまだ半人前(あ、これは私の場合。笑)
。。。っていうか、今ちょうど良い時なんじゃない???

なんて言っても今、この時が一番若いのですから!!

 

 

そうやって一歩踏み出した人は、達成感を得て次の目標を見据えています。

一回のライブで完璧にできることなんてないので、自分的に課題はたくさん残るでしょうが、それは当たり前。

それよりも今ある環境で、好きなことに取り組んで、
なりたい自分になるってことは、もう、これからの人生でもっとも大事なことなのでは。

・・・って、改めて思う今日この頃です。

 

今まで、自分の時間を仕事に捧げ、家族のために、世のため人のため(笑)に生きてきたからこそ、
今こそ自分のために、歌っていきたい。

そんなふうに思っている方はきっとたくさんいるはず。

 

一時期、歌うことから離れていたとしても、もし本当に歌いたいなら、やりたいことをやらずにこの後の人生を過ごすより、やりたいことをやって歌っていった方がきっと幸せです。

 

何より、いまは時代が大きく変わろうとしていて、音楽シーンもさらに激変します。
レコードからCDになり、それぞれがスマホを持って音楽を配信で聴くようになりました。

昔みんなが観ていたテレビの中のスターが、世界を駆け抜けるyoutubeに代わり、あなたの歌が画面から流れるようになるのです。

オーディションを受けて、音楽業界の偉い人の目に留まって(笑)事務所に入って、大手レーベルからメジャーデビュー!!CMやドラマとタイアップして大々的にプロモーションをかけて、ドームツアー!!

それができるのは、特別な才能を合わせもった大スターの資質がある人だけかもしれません。
(一見、そうは見えない普通っぽいアーティストもいるかもしれませんが、音楽的才能は決して普通ではありませんからね=(^^;)

 

でもそこ以外で、自分らしく歌って発信できるステージ(場所)は、いろんなことろに増え始めています。そしてその方法も大きく変わってきてました。

昔できなかったことが、今はできるのです。

今だからできることが色々あり、今だから歌える歌がきっとあると思うのです。

 

小さな世界でスターを目指す。あなたの歌を楽しんでくれるファンをつくる

 

これからはますます、個人の時代になるそうです。
大手レーベルからメジャーデビューできなくても、個人でデビューできる時代なワケですよね。

デビューと言っても、今までのイメージとはちょっと違います。

そもそもデビューとは「初舞台」「初登場」という意味ですが、
初めての場に挑戦するとか、次のステージに乗り込んで行く、っていう意味としてもアリかなと思うんですね。

大衆に向けるのではなく、ごく限られた人達に向けてあなたの歌を発信していくことで、あなたを取りまく世界は、大きく変わるかもしれません。

 

たとえば、小さなカフェで歌ったあなたの歌に、思いもよらない人たちが感動してくれたり、
それを聴いてくれた人が本当に喜んでくれたら、こんなに嬉しいことはないですよね。

たとえ1万人に支持されなくても、あなたの周りにいる10人の大切な人たちの胸に残るような感動を届けることができたら、それはきっとあなたにとっても、最高の価値になることでしょう。

あるいは、自主制作のCDが10万枚売れなくても、YouTubeであなたの歌がある日突然バズったりして、10万回再生されることだって十分あり得るワケです!!

 

当然10万人に認知され、支持され、応援され、チャートとセールスの数字を上げることは、誰もが出来ることではありません。まさにプロの世界は、凄まじいと思います。

でも、そこを目指さなくても歌っていけるし、たとえば100人ほどの小さな世界でもあなたのファンを増やしていくことができれば、それって本当にスゴくないですか〜?!そんなことが、プロの世界を目指すよりずっとずっと高い確率で実現できるのだとしたら、ちょとワクワクしちゃいます。

 

歌いたい!という夢を叶える5つの手順

 

「歌うことで発信していく」とは言え、一体、何から始めればいいのか?どこから手をつければいいのか?よくわからないですよね。

いくら小さな世界でって言っても、すぐにデビューできるわけでも、なりたい自分になれるわけではありません。それには準備も時間も必要です。

 

まず一番大事なのは、

1、自分に向き合って、本当にやりたいことは何か?をよく考える

ここがもっとも重要です。

今まで「こうあるべき」と思っていた普通のことが、ちょっとずつ変わって来ています。
常識に囚われずに、枠を作らずに、ワクワクしながら、本当の自分がやりたいことを考えてみるといいですね。

今だからこそ、改めてじっくり考えてみると、忘れていた想いに気づくかもしれません。

 

忙しいから無理とか、どうせできないとか思わずに、
本当に自分がやりたいこと、喜ぶことは何か?

どうしたらできるか?それを達成する方法はひとまず置いておいて、やりたいことだけをピックアップして書いてみましょう。

楽しみながらやりたいことリストを作ってみるのもオススメです。

 

 

なりたい自分のヴィションが見えて来たら・・・

2、そのために必要なスキルをつける

たとえば、あなたのやりたいことの一つが「バンドでライブをやる!」だとしたら、まずメンバーを探さなければなりません。

ある程度、理想的な演奏をするには、自分自身もそれなりの歌が歌えなくてはなりません。
もちろんイメージ通りにはいかなくてもバンドはできますし、納得した歌が歌えるようになってから、、、、なんて言っていたら一生できません。笑

なので、はじめてみることが大事です。

・・・にしても「声が小さすぎてマイクに乗らない」とか、「高音が全然出なくて歌いたい曲が歌えない」というのではマズいので、練習しましょう。

ボーカルにとってボイトレはやっぱり重要。

いい先生を見つけてレッスンに行くとか、自分で練習法を知っている方は自主練を頑張るとか、スキマの時間やムダにTVを見ていた時間を使って、コツコツやっていきましょう。

 

3、そのために必要な道具を揃えたり、環境を作る

2 を続けながら、準備をしていきます。
バンドがやりたければマッチングサイトを利用したり、サークルに入ったり、音楽をやっている人たちが集まる場所に出向いて行ったり、、、、

自分の実力をあげながら、仲間を増やしていきましょう。

そういう環境を作ると、自然に事が動いていくものです。

 

4、今の自分にできる【小さな一歩】から始める

いきなり大きな事をやろうとしても難しいですよね。
理想と現実のギャップがあり過ぎて、モチベーションが落ちてしまう可能性もあるし。。。

なので、今の自分にできることから始めましょう。

カラオケ大会に出てみるとか、1日1曲歌って録音してみるとか、
信頼できる人に歌を聞いてもらってアドバイスをもらうとか、
自分の歌をSNSや投稿サイトにアップしてみるとか。

 

5、その【小さな一歩】に集中して行動する

たとえばオリジナルで音楽活動したい!というビジョンがあるとします。
現時点で何も進んでいないとしても、できることは沢山あります。

そのために歌のレベルアップを目指すこともできるし、作曲活動をすることもできます。

全く曲なんか作ったことがなくても大丈夫。

いきなり名曲を作ろうとしたら一歩も進めないので、とりあえず頭の中を曲作りモードにして、いつもメロディや歌詞を探していく習慣をつけましょう。
いいのが浮かんんだらメモするなどして、駄作を恐れず曲を作っていくことです。

素晴らしい曲を作った偉大なアーティストだって、ここから始まったハズ。
いきなり最初から名曲が降って来たのではありません。

そんなことを集中してやっているうちに、どんどん状況は変わって来ます。

気がつけば何曲かオリジナルができていて、歌も上手くなり、なんとなくそういう環境ができて来て、次の扉が開くと思います。

すべて「小さな一歩」がはじまりです。
一歩進むと、次の一歩がきっとやって来ます!

 

 

【歌うことで自分らしく発信していく】ボーカルライフを楽しもう!

 

どちらにしても
【発信していく】ことがキーワード。

もうすでに歌うことを日々の中に取り入れて、実際にライブなど活動されている方もいると思います。そういう方にとっては

・自主制作でCDを作る

というようなビジョンがあるかもしれません。

それはちょっとハードルが高いし、自分にはまだまだ先の話…という方は、

・オープンマイクやセッションなどで歌ってみる
・投稿アプリなどを使って発信してみる
・老人ホームや施設などで歌う
・地元のイベントなどに参加して歌う
・ライブを見るだけではなく、自分も歌う場に参加してみる

など、できることから始めたり(^^)

どんな小さなことでも何か行動を起こしてみる事が、発信することに繋がってくるかもしれません。

わたし自身もそんなボーカルライフを楽しんでいきたいです。
もちろん、そうやって歌っている人たちを応援していきたいと思っています!

 

*捕捉*

ちょっとこれ見てください。
たまたま見つけた動画でしたが、その再生数に衝撃を受けました。

 

 

この方、チャンネル登録数が73万人!!!

73万人のファンがいるってことですよーΣ(゚д゚;)

ビートルズのHEY JUDE を歌っているこの動画は、なんと!
491万回も観られているんですっ!

ちなみに、乃木坂46のオフィシャルチャンネルは、登録数が104万人です。
(2019年12月現在)
一人でこれだけとは。しかも年齢は関係なさそうです!!

 

*この動画はyoutubeの共有から埋め込みコードでシェアしています。

 

 

どうですか?

こんな事がもしかして
あ、あなたにも…
お、起こるかもしれません!!
OMG

 

まとめ

◆今までのイメージのようなデビューを目指すのではなく、あなたが自由に歌っていける場所をつくり、そこでファンを作ることは、十分、可能。

◆今こそ自分のために歌っていきたい。今だからできることが色々あり、今だから歌える歌がきっとある。

◆小さな世界であなたのファンを増やし、その人たちの胸にあなたの歌が響くなら、それはきっと最高の価値になる

◆そのための5つの手順は、
1、自分に向き合って、本当にやりたいことは何か?をよく考える
2、そのために必要なスキルをつける
3、そのために必要な道具を揃えたり、環境を作る
4、今の自分にできる【小さな一歩】から始める
5、その【小さな一歩】に集中して行動すること

◆歌うことで自分らしく発信していく。とにかくやってみる。そうすると面白いことになるかも。

 

あなたの歌はもっと良くなる!!

4 件のコメント

  • ささき先生

    ご無沙汰しております。
    つい最近、何故か大勢の人前で、まるで自分は人気者のスターになったかのようなパフォーマンスをする夢を見ました。

    でもその夢の中ではstageに立ちいよいよ歌おう、ギターを弾こうとしても何故かシールドがうまく入らなかったりして焦ってしまって、演奏を中々始められない不思議な夢でした。
    昨日、初めて企画ライブをやり終えました。ほとんど仲間内ですが、57歳の私、これからだという気がしていた時に先生のナイスタイミングな配信を読みました!
    これも何かの巡り合わせでしょうか、、、、(笑)

    • ぼんのさん、コメントありがとうございます。
      何かの巡り合わせでしょうね〜!!(笑)
      スターになって歌うその夢を実現させましょう!

      くれぐれもシールドには気をつけて、、、、(^^)

  • ありがとうございます。
    歌でファンを増やせる方法があることを教えて頂き、ありがとうございます。
    僕は歌が好きなのですが、声域が狭くて悩んでいます。
    もっと高い声が出せたら、と思っています。
    自分で作った歌もいくつかあるので頑張りたい
    と思います。どうぞこれからも よろしくお願いします。

    • 木村さん、コメントありがとうございます!
      オリジナルがあるのでしたら、ライブをやってみるとか動画を上げてみるとか、発信していかれるといいですね!
      そして、音域を広げて高い声が出せるように練習してみてください(^^)
      これからも宜しくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Sign up to our newsletter!

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください