歌うことは生きること。自分らしく歌うこと。

自分らしく歌う生きる
Pocket

自分らしくあるために、上手く歌えるようになりたい!

 

歌うことで自分自身を生きたいと言う人たちが、私のレッスンには、たくさん集まってきます。

その謳い文句で募集しているワケではないのですが(笑)「歌が上手くなりたい!」というモチベーションが、「もっと自分らしくありたい」ということに繋がっているからだと思います。

たとえばメジャーデビューが目標とか、
憧れの歌手と同じようにこの曲を歌いたいとか、
カラオケでモテたいとか、もちろんそういう理由もあると思いますが、
それ以上に、「歌うことが自分自身を表現できる一番の手段だから。」と感じている人が多いのです。

だから、歌い方も個性も全然バラバラで、その人らしさが色濃く出るんですね。
静かに歌う人も、激しく歌う人も、楽しく歌う人も、同じ曲を歌っても、皆さん全然違います。

レッスンで歌い方の正解を指導するのではなく、この人だったら、ここはこんなふうに歌ったら素敵かも。というアイディアを投げかけて、その人らしさを引き出していくのがホントに楽しいのです。

今回の発表会ライブも全部で38名の方がステージに立ちました。

自分らしく歌う生きる1日目の参加者 

自分らしく歌う生きる2日目の参加者

 

歌うことはエンタメの世界だけではなく、とても個人的なもの“でも”ある

 

そしてもうひとつ大きな違いは、歌のレベルに関係なく全てOK!ということろかな。笑 

自分らしく歌う生きる

このレベルにならないとステージに立ってはいけないとか、
その程度の練習でライブをやるなんてありえないとか、
歌詞を見るのはもってのほか!音程ハズすなんて論外とか、

ここではそういう敷居がないことです。

これには、異論がたくさんあると思います。

確かにプロのステージでは許されませんよね。

 

人前に立つ以上、厳しい練習を得て一切の妥協も感じさせないパフォーマンスで、リスナーを楽しませなければならない。だからこそプロの歌はすごいし、誰もができることではありませんよね。
そういうプロ意識を持って頑張っている方もたくさんいらっしゃると思います。それはとても素晴らしいと思います。

自分らしく歌う生きる

 

でも、そうじゃない人たちもたくさんいるのです。

歌うことは、優れたアーティストがパフォーマンスする、エンターテイメントの世界だけではなく、とても個人的なものでもあるからです。

歌いたい!という欲求は、昔から人の心に宿っているしね。

 

完成度の高い、上手い歌だけが感動を呼ぶわけではない

 

今回の発表会ライブも皆さん、それぞれにいろんな問題をかかえ、お仕事をしながら、育児や介護をしながら、その中で歌っています。

普段から音楽活動している人は少なく、学生や会社員、むかし音楽をやっていて歳をとってから再開した人、病気を抱えていてあまり外に出られない人もいます。

「あの人プロですよね?」と言われる人が普通のお母さんだったりもします。

 

自分らしく歌う生きる 自分らしく歌う生きる

 

とても練習ができるような状態じゃなくても、なんとか頑張って練習を続けてきた人もいれば、直前で急に歌うことになって、一か八かで挑戦した人もいます。

初めて人前で歌う…という方や、緊張して声が出ていなくても、それぞれにベストを尽くしていると思います。

 

自分らしく歌う生きる    自分らしく歌う生きる 自分らしく歌う生きる    自分らしく歌う生きる

 

もちろん、やるからには練習も必要です。下手でもイイ!と言っているわけではありませんよ。決して。。

楽しんでいただくための工夫や演出をしたり、発表会と言えども真剣に練習して、チャレンジしている方も多いです。

 

でも、必ずしもクオリティーの高い、上手い歌だけが感動を呼ぶわけではありません。
プロの歌が絶対的に、心を動かすわけではありません。

いつも不思議で面白いと感じるのは、
心に響く歌って、とっても個人的なことだったりするんでよね。

この人の歌が一番印象に残って泣けた!!って言うのが、意外にとても個人的な琴線に触れることあるのです。

一般的に見てライブなんてできるレベルの歌じゃないかもしれませんが、なぜか感動する歌って、ほんとにあるんですよね。

 

自分らしく歌う生きる 自分らしく歌う生きる

 

歌うって…それって、スペシャルな事なんじゃない?

 

どんな人にも、その人だけのストーリーがあるように、あなたの歌にはあなた自身が溢れていて。。。
歌って、やぱりその人のストーリーが見えるからだと思うのです。

いずれにしても一人一人が、
歌うことによって自分自身を確認し、”誰かの次の一歩”に繋がっていけたら。

あなたの歌が誰かの胸に響き、その場の空気を変えることにができたら。。。

自分らしく歌う生きる    自分らしく歌う生きる

もしかしてそれは、ちょっとスペシャルなことなのではないか?
って思うわけです。

 

・・・とはいえ、参加された皆さんの感想は、楽しいだけではなく、それぞれに感じた反省点や改善点を具体的にしながらも、次回はもっといいステージにしたいと言う意欲が感じられました。

決して慢心することなく、やる度に悔しさが込み上げてくるのは当然。
だからこそやめられない(笑)ここでやめるわけには行かない!

その思いを次回に向けて、もっと自分らしくあるために、そして歌うことでさらに表現していくために、これからも歌に磨きをかけていきましょう(^^)

あなたの歌はもっと良くなる!

 

自分らしく歌う生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sign up to our newsletter!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください