歌うとき頭の中で何を考えてますか?あなたが聴き手に届けていること。

歌っている時の頭の中イメージ
Pocket

上手く歌いたい!と思って歌っている時ほど、歌っている時、いろんなことを考えていると思います。

今回は歌っている時の頭の中、いったい何を考えながら歌っているのか?
そして何を意識して歌っていけばいいのか?

あれこれ考えながら歌うのではなく、たったの一つの大事なポイントをしっかり意識できれば、あなたの歌はもっと、聴く人の心に届くハズ。
 
簡単のことなのに忘れてしまいがちな大切な意識についてお話しします。ぜひ参考にしてください。

 

やることが多すぎて逆にストレス?

 

あなたの、歌う時の頭の中は、どうなっていますか?

自分が気持ちよく、難しいこと考えずに、好きなように歌うのが一番楽しいですよね。
仲間とワイワイ、ストレス発散〜!という楽しみ方もあるし、どう歌っても自由な訳です。

とは言え、多くの場合、何も考えずに歌っていると、

・途中で高い声が出せなくて喉が痛くなったり、
・話し声にかき消されて誰が歌っっているかわからないとか、
・ここいいところなのにかっこよく歌えなかった、とか
・音程が上手く取れなくて外しまくり。。。とか
・息が苦しくて最後はボロボロとか。。。

逆にストレスになってしまうこともあるかもしれません。

自分の思うように歌えて、聴く人をハッピーにできるパフォーマンスができたら、こんなに素晴らしいことはないのですが、そのレベルに行き着くのは簡単じゃないですよね(^^;)

何も考えずに歌って、何の問題もなければいいけれど、もっと歌が上手くなりたい!
これじゃ気持ちよく歌えない、と思ってボイトレを始めたとか、ボーカルスクールに通ったり、歌い方を探ったりする方も多いと思います。

もっとできるはず。
どうしたらイイ感じで歌えるだろう?

当然、そこを目指して練習し始めると、歌が上手くなるにはいろんなことが必要で、声ひとつとってもやることがいっぱい。。。意識することだらけで頭の中パンパンになるわけです。

で、どうなるかというと、混乱してくるわけですね。

 

歌っている時の頭の中イメージ

 

そういう時の頭の中って、 音程を外さないように、とか、もっとここはこーして、あそこでこーしなきゃとか、 声の使い方はこーであーで、 サビの高音大丈夫かなとか、気になるポイントがたくさん。

確かに意識することが多くなれば、『何も考えずに歌っていた時の方が楽しかった!』なんて感じることもあると思います。

でも、そこを越さなければその先には進めないわけです。

 

練習でも本番でも、忘れたくないポイント

 

特に人に聴いてもらう機会のある方や、歌唱力をあげたい!聴くひとに届くような素敵な歌が歌いたい!と思うのなら、練習は必要ですよね。

特に練習は意識しながらやることが大事なので、頭の中はいっぱいです。

 

でも!!!

歌っている時に、
あれこれ考えてはダメです。

 

なぜなら、

考えながら歌っていると、
考えていることが
相手に伝わるからです。

 

例えばあなたが「音程ちゃんと取らなくちゃ!」と気にしながら歌っていると、聴き手も音程ばかり気になってしまいます。

「あ、サビのこの音出ない!!」と考えていると、「あ〜サビのこの音出てないな〜」 
「やばいここでひっくり返った。もうダメ〜。。。」と心の中で凹んでしまうと、「あ〜ここでひっくり返っちゃったかぁ、残念」って思ってしまいます。

練習の時はいろいろ意識しながらトライ&エラーをしてみるのは必要ですが、本番はできるだけ考えない!

それよりもイメージしましょう。

 

・歌詞の意味をどう解釈しているか
・曲の世界観をどう表現するか
・伝えたいメッセージなどんなことか
・情景や思い、感情の動きをどれだけイメージできているか

あなたがイメージしながら歌っていなければ聴き手には伝わりません。

「え。そんなこと?」

と思うかもしれませんが、 これって頭では理解してても、実際、頭の中はいろんなことが駆け巡って、忘れていることが多いと思います。

繰り返しになりますが、歌っているとき、あなた考えていることは結構、聴き手に伝わっています。(・・・というか無意識レベルで感じとっている)

プロレベルの場合は別かもしれませんが、ビギナーほど、考えていることが伝わります。

なのでできるだけ、歌の世界とあなたの思いをイメージしましょう!

 

歌っている時の頭の中イメージ

 

それができれば、少々音程が外れても、高音が出なくても、ちょっとくらいひっくり返っても、そんなに気にならないものです。

なぜなら、歌のイメージを共有できているからです。

 

あなたの歌でイメージを共有する、思いをシェアすることが大切。

 

もしあなたが歌が上手くなりたい!
今よりレベルアップして、聴く人をに楽しんでもらいたい、聴く人の届けたい!

と思っていらっしゃるなら、学んだことや気づいたこと、意識しなきゃいけないことは、一つずつクリアーしていくことが必要です。

でも歌うときは、どんな時もまず、
曲のイメージができていることが大切。

本番はもちろん、カラオケで歌う時も、録音する時も、そしてこれは練習の時でも、です!

 自分の頭の中のこーしてあーしてという意識のポイントではなく、ちゃんと伝えていくという意識を持つことで、

あなたの歌はもっと良くなる!

出来ているつもりでも意外にできていない大事なこと、頭ではわかっているのに、意外に忘れちゃう大事なポイントについてお話ししました。

 

 

歌っている時の頭の中イメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sign up to our newsletter!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください